• POLICY

    "望む性質を自在に作り出す"

    人は化合物に囲まれて生活しています。それは私たちの生活を豊かにするものから、私たちを構成する肉体まで様々です。前世紀最大の科学者の一人Linus Paulingがその著書『General Chemistry』の冒頭の一文に記した通り、"The universe is composed of matter and radiant energy." なのです。

     

    それら私たちと切っても切れない関係である「化合物」を巧妙にデザインし、望む性質を自在に作り出すことは化学者の大きな夢です。その夢の達成には『化合物の構造を自在に規制する』『化合物の電子構造を自在に制御する』という手法の確立が不可欠です。

     

    そのような大きな目標を目指し、私は一貫して工業的視野と基礎化学的視野の双方から研究を行っています。

     

    現在は、国立研究開発法人海洋研究開発機構において、国立研究開発法人・農業食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術支援センター受託研究採択課題「水産物の国際競争に打ち勝つ横断的育種技術と新発想飼料の開発」における担当研究題目「天然餌料成分情報に基づくウナギ仔魚等の飼料開発」に ポストドクトラル研究員として従事しております。

  • PROFILE

    生年月日、出生地

    1985年10月5日、静岡県生まれ

    メンガースポンジのメンガーの没日である。どうやらアメリカで1年でもっとも多くの人が誕生日を迎える日らしい。

    現在の所属と肩書き

    国立研究開発法人海洋研究開発機構 

    海洋生命理工学研究開発センター 新機能開拓研究グループ

    ポストドクトラル研究員 

    趣味

    パズル、読書(丸谷才一、中山可穂、福永武彦、池澤夏樹、斉藤環、板倉聖宣、山形浩生、ダグラス・R・ホフスタッター etc.)

  • Curriculum vitae

    国立研究開発法人海洋研究開発機構

    ポストドクトラル研究員, 2018 - Present

    海洋生命理工学研究開発センター 新機能開拓研究G

    ・界面・コロイド化学

    公益財団法人相模中央化学研究所

    研究員, 2017 - 2018

    有機材料化学グループ

    ・分子エレクトロニクス材料の開発

    群馬大学大学院理工学府分子科学部門

    産学官連携研究員, 2015 - 2017

    有機元素化学研究室(海野・武田研究室)

    ・高度構造規制シロキサン材料の創生

    ・シロキサン結合形成反応の開拓

    京都大学大学院理学研究科化学専攻

    博士(理学)2015

    有機元素化学分科(時任研究室)

    ・環状ジアルキニルジシレンの合成研究

    ・低配位ゲルマニウム化学種の合成研究

  • AFFILIATION SOCIETY

    日本化学会 The Chemical Society of Japan

    2008~

    ケイ素化学協会 The Society of Silicon Chemistry, JAPAN

    2010~

    「細胞を創る」研究会 Japanese Society for Cell Synthesis Research

    2016~

    Triple Nine Society

    2016~

  • PUBLICATIONS & LECTURE

    Publications

    9) "Synthesis, Structures, and Thermal Properties of Symmetric and Janus “Lantern Cage” Siloxanes" Chem. Eur. J.

    [just accepted]

    Taishi Uchida#, Yasunobu Egawa#, Takuto Adachi#, Naoki Oguri#, Masato Kobayashi, Takako Kudo, Nobuhiro Takeda, Masafumi Unno*, Ryoji Tanaka*

    #: These authors contributed equally to this work.

     

    8) "Synthesis and Characterizations of The Germathioacid chloride Coordinated by an N-Heterocyclic carbene" Inorganics 2018, 6, 76.

    Yasunobu Egawa*, Chihiro Fukumoto, Koichiro Mikami, Nobuhiro Takeda and Masafumi Unno*

     

    7) "Unusual Reactions of Cyclic Fluorosiloxanes" Chemistry Select 2017, 2, 2300.

    Naoki Oguri, Yasunobu Egawa, Yoshiteru Kawakami, Chika Kobuna, Nobuhiro Takeda and Masafumi Unno*

     

    6) “Janus-Cube Octasilsesquioxane: FacileSynthesis and Structure Elucidation” Angew. Chem. Int Ed. 2016, 55, 9336.

    Naoki Oguri, Yasunobu Egawa, Nobuhiro Takeda and Masafumi Unno*

    *Selected as an Inside Front Cover Picture

    *Highlighted in Newspapers (Yomiuri, Sankei, Nippon Keizai, Nikkan Kogyo)

    *Highlighted in 有機化学美術館

     

    5) “Synthesis of Hydrosilyl-substituted Cyclic Siloxane: New Building Block for Materials” Chem. Lett. 2016, 45(7), 738 .

    Yasunobu Egawa, Shinji Murakami, Nobuhiro Takeda and Masafumi Unno*

     

    4) “Cyclic Silanols with Long Alkyl Chains” Chem. Lett. 2016, 45(3) , 309.

    Shinji Murakami, Yasunobu Egawa, Chika Kuramochi, Nobuhiro Takeda and Masafumi Unno*

     

    3) “Unexpected Photochemical Reactions of 2-Aryl-2-ethynyltrisilane Derivative” Main Group Metal Chemistry 2015, 38, 51.

    Yasunobu Egawa, Yoshiyuki Mizuhata, Takahiro Sasamori and Norihiro Tokitoh*

     

    2) “Synthesis of 1,2-Dialkynyldisilanes Incorporated in 10-Membered-Ring System” HETEROCYCLES 2015, 90(20), 1111.

    Yoshiyuki Mizuhata, Yasunobu Egawa, Takahiro Sasamori and Norihiro Tokitoh*

    *Highlighted in ChemInform 2015, 46(20)

     

    1) “Solvent-free Synthesis Functional Siloxanes Bearing 4-Trifluoromethyl Group” Key Engineering Materials 2011, 497, 51.

    Yasunobu Egawa* and Masafumi Unno*

    Patents

    4) 「反応性置換基を有するシルセスキオキサンの製造方法」特開2018-090502, 平成30年6月14日

    海野雅史・江川泰暢・島田茂・佐藤一彦

     

    3) 「長鎖炭化水素基とヒドロシリル基を有する環状シロキサン及びその製造方法」特開2017-145299, 平成28 年2 月19 日

    海野雅史・江川泰暢・島田茂・佐藤一彦

     

    2) 「ルイス酸を用いた環状シロキサンの製造方法」 特開2017-144231, 平成28 年2 月19 日

    海野雅史・江川泰暢・島田茂・佐藤一彦

     

    1) 「異なる置換基を対面に4つずつ有するかご形シルセスキオキサン」特開2017-075128, 平成27 年10 月16 日

    海野雅史・江川泰暢・島田茂・佐藤一彦

    Invited lecture

    7) M. Unno, R. Kunthom, K. Asami, Y. Nagai, Y. Egawa, N. Takeda, “Butterfly Cages and Janus Prism Disilane”, 2018 International Symposium on Silsesquioxanes-Based Functional Materials, Jinan, China, August, 2018.

     

    6) M. Unno, R. Kunthom, C. Kobuna, T. Uchida, Y. Egawa, N. Oguri, N. Takeda, “Synthesis of new cage silsesquioxanes”, Pattaya, Thailand, July, 2018.

     

    5) Masafumi Unno, Naoki Oguri, Yasunobu Egawa, Taishi Uchida, Kazunori Asami, Satoshi Tanaka, Yuka Nagai, Chika Kobuna, Nobuhiro Takeda, "Synthesis and Structures of Various Janus Cubes and Prisms”, The 18th International Symposium on Silicon Chemistry, Aug., 2017, Jinan, China.

     

    4) Naoki Oguri, Yasunobu Egawa, Yoshiteru Kawakami, Nobuhiro Takeda, and Masafumi Unno, "Fluorosiloxanes: Unusual properties and application”, The 2nd International conference on nanostructured Materials for health, energy and environment applications, Sep., 2016, Mauritius.

     

    3) Masafumi Unno, Yasunobu Egawa, Hisayuki Endo, Naoki Oguri, Naoto Kumazawa, Shinji Murakami, Chika Kuramochi, Nobuhiro Takeda,

    "Synthesis and Structures of Various Janus Cubes and Prisms”, 2016 International Congress for Innovation in Chemistry (PERCH-CIC Congress IX), June, 2016, Pattaya, Thailand.

     

    2) Masafumi Unno, Hisayuki Endo, Naoki Oguri, Kumiko Hayashi, Yasunobu Egawa, and Nobuhiro Takeda, “Recent Key Developments for Well-defined Siloxanes”, IL05, 5th Asian Silicon Symposium, Oct. 2015. , Jeju

     

    1) Masafumi Unno, Yasunobu Egawa, Hisayuki Endo, Naoki Oguri, and Nobuhiro Takeda, “How to make highly ordered siloxanes: Recent Development”, Second International Seminar on Nanoporous and Nanostructured Materials for Energy, Environment and Health, Sep., 2015, Tokyo

  • BLOG

    ほそぼそと書いていけたらと思います。

    9 octobre, 2018
    9 avril, 2017
    22 février, 2017
    1 juillet, 2016
    8 juin, 2016
    More Posts
All Posts
×